スポンサードリンク



コラーゲンは食べても、コラーゲンにならない


コラーゲンは食べても、コラーゲンにならない。でも、肌はプリプリになるのはなぜ?

コラーゲンいっぱいの手羽先を食べても、そのままコラーゲンになるわけではないといいますよね。

食べたコラーゲンは一度、アミノ酸に分解されるのですが、この時、いくつかはつながったままになっています。このつながった状態をコラーゲン・ペプチドといいます。

このコラーゲン・ペプチドのうち、二種類のペプチド「P-O」「O-G」が、大事な働きをするのです。

コラーゲン・ペプチドはコラーゲンの材料になるわけではありませんが、体中に運ばれていって、繊維芽細胞などに命令書を渡します。すると命令にしたがい、繊維芽細胞などがコラーゲンを作り出す、という仕組みになっているのです。

命令書がたくさんあるほうが、コラーゲンが活発に作られるので、コラーゲンを食べると、コラーゲンがどんどんできる、という状態になるわけですね。

しっかりとコラーゲン・ペプチドを摂りたい方は「P-O」「O-G」が含有されたサプリメントのほうがいいでしょう。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256454838

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。