スポンサードリンク



不眠症解決の秘訣カテゴリの記事一覧

不眠症に効くレタス

 不眠症に効くハーブのなかに、レタスがあります。

 レタスには「リラックスさせ、眠りをさそう。痛みや破壊的な気分を
鎮める」はたらきがあり、不眠症にピッタリなのです。
 おなかがすいて眠れない時、レタスとチーズのサンドイッチなどを
軽くつまむといいですね。

 ほかにもカモミールはリラックス作用があるので、不眠症にはよい
ハーブです。カモミールティーを飲んだり、お風呂にカモミールの
エッセンスをいれて、精油成分を取り込み、あたたまってからベッドに入ると、
リラックス効果が得られます。
 
 ハナビシソウというハーブも不眠症向け。
 効能はズバリ「眠りを誘う、鎮痛、鎮静」作用。
 更年期の不眠に効果があるといわれています。不安を鎮めてくれます。
 また、興奮しやすく、寝つきの悪い子どもにもよいハーブです。

 不眠症、寝つけない日がつづく、と思ったら、
 ハーブティー、ハーブ浴でリラックス。
  
 不眠症対策のハーブティーは寝る30〜60分前に飲むといいそうです。






不眠解消に! クコ酒

 不眠症にもクコがおすすめ♪

 杏仁豆腐に入っている赤い粒。
 中国古来のアンチエイジング食材の赤い粒クコは
 不眠症にも効果があるそうです。

 疲れすぎて眠れない日に最適。

 クコはむかしから、不眠症に効果があるといわれているそうです。
 クコのベタインやゼアキサンチンといった成分が血流をうながし、
疲労を取り去るため、疲れで過敏になった神経を鎮めてくれるのです。


【 不眠症の夜のために クコ酒の作り方 】

@ クコの実200グラムを

A 広口瓶に入れ、氷砂糖100グラム、
  ホワイトリカー1.8リットルを入れます。

B 冷暗所に3ヶ月おいたらできあがり。


 疲れすぎて眠れない不眠症の夜に、
 おちょこでちょっとずつ飲みましょう♪
 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。