スポンサードリンク



貧血? 鉄分はビタミンCといっしょに

 貧血気味? 鉄分を摂らなきゃ

 貧血になると、酸素や栄養素が体にめぐらなくなってしまいます。
 血の赤い色素ヘモグロビンを増やすには、ヘム鉄を補給。
 ヘム鉄はレバーなど動物性の鉄分から取れます。

「レバー大嫌いヽ(`Д´)ノ」

 もちろん、野菜から鉄分を摂ることも可能です。
 しかし、植物に含まれる鉄分は非ヘム鉄を呼ばれ、ヘム鉄に比べて
吸収が悪いのです。

 ここで吸収をよくするには、ビタミンCと摂ること。
 非ヘム鉄の吸収率をUP。

 貧血にはほうれん草
 
 ほうれん草には鉄分が豊富に含まれている上、ビタミンCも比較的多く
含まれているので、貧血防止には最適の栄養剤です。

 おまけにビタミンA(β−カロチン)は野菜中第二位の2900IU。
 おひたしの小鉢ひとつで一日の必要量を軽くクリア。
 貧血で弱った体を風邪などの感染症から守ってくれます。

※ 貧血などで鉄分を意識して摂っている時は、食後のお茶を
控えたほうがいいかも。タンニンは鉄の吸収を阻害してしまいます。 







貧血? 鉄分の多い食べ物ってなに?

 貧血は血液中の赤血球が少なくなっておきます。
 赤血球は酸素を運ぶ重要な血液成分。
 赤血球が減ると、酸素不足になり、だるい、疲労、
動悸、息切れ、たちくらみなどの症状が出てきます。

 貧血防止のために鉄分を補給!

 赤血球の赤い色、ヘモグロビンは鉄で出来ています。
 鉄分を補給し、貧血解消いたしましょう♪

 貧血――鉄分の多い食材は海藻類が圧倒的

 鉄といえば、ほうれん草がいいと言われますが、
 
 ほうれん草 100グラム中鉄分 たったの 3.7ミリグラム
 ワカメ   100グラム中鉄分 なんと 13.0ミリグラム
 干した金針菜              24.3ミリグラム
 青ノリ                 32.0ミリグラム
 ヒジキ                 55.0ミリグラムでした。

 ヒジキ、圧勝。鉄分の補給にはヒジキです。ヽ(`Д´)ノ

 さらに造血作用のあるビタミンB12はシジミに多いそうです。 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。