スポンサードリンク



下半身の引き締めに、痔核に メリロート

女性は男性に比べ、下半身に筋肉が少なく、静脈の
循環が悪くなり、むくみが起こりがち。(T-T)
 またダイエットなどで筋肉量をおとして、さらに
むくみが起こりやすい、という傾向があります。

 メリロートはリンパの流れを促進し、静脈の循環を助けます。
 これにより、むくみに効き、下半身をすっきりと引き締める効果が
期待できるのです。 

 乳がんの手術でリンパ節をとってしまった女性はむくみを
生じることが多いのですが、メリロートを飲んだところ、
14人中11人のむくみが解消されたそうです。

(ただし、むくみを治してすっきりするのであって、脂肪を
燃焼したりといったダイエット効果はありません)

 また、(゚∀゚)
 むくみだけでなく、意外に痔核にも効果があるそうです。

 痔核は肛門の静脈の血流が悪くなり、血管が外に飛び出して
出来ますが、メリロートは血のめぐりを改善するほか、消炎作用も
あり、ふたつの側面から痔核に好影響をあたえます。

 メリロートはマメ科シナガワハギ属のハーブです。
(* ̄∇ ̄)ノノ







あずきのサポニンがむくみを取る

 むくみは血行不良などで余分な水分が代謝されないと
起こります。

 足にむくみのある時は水分(すいぶん)というツボを
押すと有効。水分はへその上2センチの部分にあります。
 足三里をご存知の方はボールペンなどで押すと足のむくみが
やわらぎますよ。

 また、
 むくみ予防には利水、利尿によい食べものが有効。
 
 あずきの外皮にはサポニンという成分があり、体内の
水分のバランスを整えてくれます。
 むくみ予防の利尿作用はバッチリ。

 サポニンは水に溶けると泡立ちます。アズキを煮ると
泡立ちますが、あの部分にサポニンが入っています。
 えぐみがあるので、1度ぐらいゆでこぼすのは問題ありませんが、
むくみ予防のためにはサポニンを重点的に摂りましょう。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。